フィリピンライフブログ

人々の信仰の中心 キアポ教会(Quiapo Church)へ行ってみよう!

人々の信仰の中心 キアポ教会(Quiapo Church)へ行ってみよう!

人々の信仰の中心 キアポ教会(Quiapo Church)へ行ってみよう!

キアポ教会(Quiapo Church)とは?

キアポ教会は、キリスト像「ブラック・ナザレ」が安置されていることで有名なカトリック教会。

キアポ教会は1588年に創立されました。長い歴史と伝統を持ち、フィリピンで最も知られた教会の一つです。

教会正面部分のファザードはクリーム色で、晴れた日はその美しさが際立ちます。内部は明るく、白色で統一されシンプルなデザインです。

現在は石造りですが、建設当時は竹とニッパヤシで作らたそう。地震や火事によって何度か崩壊し、現在の姿は1933年に再建設されたものです。




キアポ教会への行き方

▲カリエド駅をおりるとすぐ目の前がキアポマーケットです。

最寄り駅はLRT1号線カリエド駅(LRT Carriedo Station)です。

駅を出て、カリエド通りをまっすぐ進むとキアポマーケットがあり、さらに10分ほど進むとキアポ教会が見えてきます。

▲キアポマーケットから見えるキアポ教会

タクシーやGrabCarなど、車で行くなら、土日祝日がオススメです。

キアポ地区は渋滞が特に深刻なエリアで、平日は身動きが取れなくなるほど渋滞するからです。

キアポ教会は交通量の多い大通り沿いに建っています。東側と西側の扉が大きく開かれているので、終日多くの人が出入りしています。




キアポ教会の内部の様子

教会の中では、多くの信者が手を合わせ、祈りを捧げています。中には涙を流す信者も。

そして見どころはやっぱり、キリスト像ブラック・ナザレです。

ブラック・ナザレには癒しの力があるといわれていて、触れようとする人々の姿も見られます。

▲ブラックナザレに触れようとする人々

黒色の肌をしたキリスト像は神秘的であり、少し不気味にも感じます。

内部を見てまわるのにかかる所要時間は15分から20分。

お祈りをしていかれたい場合はもっと時間が必要かと思いますが、そうでなければ教会内をじっくりみても20分で十分回れます。

キアポ教会周辺の露店では、カトリック教徒のグッズ(キリストの人形、ろうそく、お花など)が販売されています。

キアポ教会周辺にあるキアポマーケットは混雑していてスリが多く発生する場所です。必ず所持品から目を離さないようにしましょう。

キアポマーケットへ行けばさまざまなものが手に入るので、併せてお買い物もできますよ。





●キアポ教会 詳細情報
・住所:363 Quezon Blvd, Quiapo, Manila, 1001 Metro Manila
・入場料:無料
・公式ウェブサイト:http://www.quiapochurch.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA