フィリピンライフブログ

フィリピンでおススメのお土産 10選!

フィリピンでおススメのお土産 10選!

フィリピンでおススメのお土産 10選!

旅行の楽しみの一つは、お土産を家族、友人、同僚へのお土産を買うこと。

わたしはフィリピンから日本へ帰国する際は、お土産を慎重に選びます。

もらってがっかりするようなお土産は渡したくない。

でも、モノによってはすぐ壊れるもの、美味しくないものがあって、お土産を選ぶのは意外と難しいんです。

 




せっかくお土産を買うのなら、フィリピンらしくて、喜んでもらえるものがいいですよね。

今回は、わたしが今まで「買ってよかった!」と思ったお土産をご紹介します。

 

ポルボロン(Polvolon)

 

小麦粉、砂糖、牛乳、ナッツで作られたクッキーのようなお菓子、ポルボロン

もともとスペインが発祥のお菓子で、スペイン統治時代にフィリピンに持ち込まれました。

乾燥していて食べるとホロホロと崩れるのが特徴です。

地方によって様々なレシピがありますが、最もよく知られているのはカシューナッツが使われたもの。

その他にも、チョコレートでコーティングされたポルボロン、「ウベ(Ube)」という紫芋が使われたポルボロン、ピーナッツが使われたポルボロンなど、さまざまな種類があります。

お土産屋さんでは試食できるところが多いので、いろいろ試してお気に入りの味を見つけてください。

わたしのオススメは「ゴルディロックス(goldilocks)」というスイーツ専門店のポルボロンです。

味の種類が豊富で、パッケージもかわいいので、お土産に最適です。

 

 

ドライマンゴー(Dried Mango)

 

フィリピンと言えばドライマンゴー。

フィリピンには様々なフルーツがり、ココナッツやパパイヤなどいろいろなフルーツがドライフルーツとして売られています。

その中でも最もポピュラーなのは、やはりドライマンゴーです。

あまり砂糖の使われていない、自然な甘さが味わえるドライマンゴーを選ぶのがポイントです。

外国人から特に人気があるのはセブで作られた「7D」のドライマンゴーがオススメです。

 

 

バナナチップス(Banana Chips)

 

バナナチップスもフィリピンでおなじみのお土産。

多くのメーカーがバナナチップスを販売していますが、おススメは「JOVYS」のバナナチップス。

甘すぎずバナナ本来の味が楽しめます。

おいしくてついつい食べ過ぎてしまうので注意です。

わたしはたくさん購入して、親戚に配ります。

 

 

ウラロ・クッキー(Uraro Cookies)

 

ラグーナ(Laguna)の伝統的なお菓子、ウラロ・クッキー

くず粉から作られていて、少し粉っぽいのが特徴です。

さくさくの触感がくせになります。

甘すぎず素朴な味で、フィリピンの伝統的な味を楽しめるお菓子です。

 

フィリピン産チョコレート(Philippine Origin Chocolate)

 

フィリピン産チョコレートはとてもおススメです。

とくに「テオ・フィロ・アーティザン・チョコレート(THEO PHILO Artisan Chocolate)」というブランドのチョコレートがわたしのお気に入り。

フィリピンのカフェでもよく売られていて、フィリピンでは有名なチョコレートです。

ミンダナオ(Mindanao)の農家のフィリピン産カカオバターが100%使用されています。

様々なフレーバーから選べるので、ぜひいろいろ試してみてください。

 




 

ジープニーの模型(Jeepney)

 

フィリピンを象徴するジープニーのおもちゃです。

3歳になる車好きの親戚に買って帰ったら、とても喜んでくれました。

空港のお土産ショップや、フィリピンのお土産ショップカルチュラに売っているので、チェックしてみてくださいね。

 

 

バロン・タガログ(Barong Tagalog)

 

バロン・タガログはフィリピンの伝統民族衣装です。

男性が正装として用いる上着で、冠婚葬祭やビジネスシーンで利用されています。

半透明で光の透過性のある生地で、パイナップルの繊維芽使われています。

安いものでも15,000ペソほどする最高級の伝統工芸品です。

大切な人へのお土産にオススメです。

 

 

ナチュラルソープ(Natural Soap)

 

フィリピンには、パパイヤ、ココナッツ、アボガドなど、フィリピン産フルーツを使ったナチュラルソープがたくさんあります

オススメは「ギガ(GIGA)」の、バージンココナッツオイルから作られたソープです。

 

 

インスタントヌードル(Instant Noodle)

 

フィリピン人は麺料理が大好き。

どの食料品売り場にも、インスタントヌードルがたくさん売られています。

中でもオススメなのが、インスタント焼きそば「パンシット・カントン(Pancit Canton」です。

作り方は日本のインスタント焼きそばと同じように、沸騰したお湯で麺を数分茹でて、お湯を捨て付属のパウダーと麺を絡めて完成です。

 

 

バナナケチャップ(Banana Ketchup)

 

ユニークなお土産を買っていきたいなら、バナナケチャップがオススメです。

バナナ、砂糖、お酢とスパイスで作られていて、フィリピンの食卓に欠かせないケチャップです。

バナナから作られているので、わたしたち日本人が知るケチャップより甘い味がします。

フィリピンではオムレツ、ホットドッグ、ハンバーガーなど様々な料理に使われています。

 


 

いかがでしたか?まだまだ素敵なものがフィリピンにはたくさんありますが、今回はその中で王道なものを選んでみました。フィリピン旅行をする際はぜひ参考にしてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA