フィリピンで銀行口座を開設する方法

フィリピンで銀行口座を開設する方法

フィリピンで銀行口座を開設する方法
Pocket

フィリピンで暮らす人にとって、ないと困るのが銀行口座。現地社員とや駐在員として短期間働く人は、フィリピンで働き所得を得ていますよね。そうであれば、給与を受け取るためにフィリピンの銀行口座が必要となります。

働いていない人であっても、長期でフィリピンに住んでいる人にとってお金を預けておく場所がないと何かと不便ですよね。今回は「普通預金口座(ペソ建て)」に的を絞ってご説明します。

フィリピンで口座を開設するために必要なもの

口座を開設するために必要なものは、だいたいどの銀行でも同じです。フィリピンでは「外国人」である日本人は、多くの必要書類を提出しなければならず、準備にとても手間がかかります。銀行によって必要なものが多少異なるため、銀行へ確認を事前にしておくとよいでしょう。

<どの銀行でも必ず必要なもの>
・パスポート
・ACR I-Card (Alien Certificate of Registration Card)
・ACR I-Card以外の身分証明書(AEP、会社のIDなど)
・顔写真(パスポートサイズ)
・住所と名前が証明できる書類(コンドミニアムや公共料金の領収書、賃貸契約書など)

<提出を求められることがある書類>
・Immigrant Certificate of Registration (ICR)
・雇用契約書(COE)
・AEP (Alien Employment Permission)

日本人へのサービスが充実していたり、ジャパンデスクがある銀行は、提出書類を免除してもらえることもあります。

ACR I-Cardとは、59日以上フィリピンに滞在する居住者・非居住者が持っていなければならない身分証明書です。イミグレーションオフィスで申請することができます。もしACR I-Cardを持っていない場合、銀行のマネージャーとの面接をし承認が下りれば口座を開設することができます。

手続きの流れ

フィリピンでは銀行口座開設のために必ず自身が銀行の支店に出向かなければなりません。必要書類を持って最寄りの支店へ行き、手続きを行います。フィリピンの銀行は平日のみがほとんどですが、大きな銀行やモールの中にある銀行の支店は、土日でも空いていることがあります。

口座開設のフォームに記入し、必要書類を提出します。すべて記入が終わると手続きは完了です。口座が開設できたら、銀行口座への入金が求められます。銀行によって最低入金額が決まっていて、だいたい1万ペソから2万ペソです。それ以下になると数百ペソ程度のペナルティが課されてしまいますので、ご注意ください。ATMカードは受け取るまでに1週間程度かかることがあります。

おススメの銀行はBDO


私はバンコ・デ・オロ・ユニバンク(BDO Unibank)をおススメします。ジャパンデスクがあり、日本人が対応してくれるため、とてもスムーズに開設することができました。

支店ではフィリピン人スタッフが対応してくれましたが、ジャパンデスクに事前にメールで必要書類などを確認し、希望支店と、支店へ行く時間を伝えておきました。すると、担当スタッフが事前に用意をしていてくれたので40分程度ですべての手続きを済ませることができました。

おすすめポイントの2つ目は、オンラインバンキングが充実していることです。残高紹介、取引履歴の確認がネットでどこでもできます。

私の会社は入社時にBDOのキャッシュカードが支給されますが、10万ペソまでしか入金しておけず、その額を超えると二度と戻ってこないのです。BDOで普通預金口座を開設したおかげで、振り込まれた給与をネット上で、BDOの普通預金口座に移動できるようになりました。他の銀行を使っていたときは、わざわざATMでお金を引き出して銀行へ行き、書類に記入して預ける・・・という面倒なことをしていたため、便利さに驚きです。

 


いかがでしたか?難しく感じるかもしれませんが、必要書類さえそろえばあとは簡単です。ぜひ自分の使いやすい銀行を見つけて、快適なフィリピンライフを送ってくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA