もう終わってる? フィリピンで長期滞在する人のための「在留届」

もう終わってる? フィリピンで長期滞在する人のための「在留届」

もう終わってる? フィリピンで長期滞在する人のための「在留届」
Pocket

フィリピンに長期で滞在しているあなた、もう在留届は提出しましたか?

わたしの友人や会社の同僚には「知っているけど提出していない」「在留届って?」といった人が多くいます。今回は、在留届がなぜ必要なのか、どのように提出するのかを書きたいと思います。




 

在留届って?

 

在留届とは、海外に3か月以上滞在する人が、最寄りの大使館もしくは総領事館に届出をし、「その国に住んでいる」ということをお知らせします。これは任意ではなく、旅券法16条により義務付けれているため、3か月以上海外に住む人は必ずしなければいけません。すなわち、出張、留学など理由は何であれ、「3か月以上」フィリピンに滞在するなら、在留届を大使館へ提出する「義務」があるということなのです。

届出をしなければ、大使館はあなたがその国に住んでいることを知りません。災害や事故に遭ったとき、大使館が安否確認を早くできない、領事館の窓口サービスがスムーズに受けられないといったことが起こってしまいますので、とても重要なことなのです。

日本人を狙った犯罪や自然災害など、思わぬ災害に遭うケースが増えているフィリピン。万が一のケースに備え、滞在初日に手続きを行うことを強くオススメします。ちなみに、3か月以上でなくても届出をすることができます。



在留届を行うことで受けられるサービス

在留届には、氏名、本籍、海外での住所、留守宅などの連絡先、旅券番号、同居家族を記入します。これらを登録しておくと、どんなメリットがあるのでしょうか?

安否確認
万が一災害に遭った場合、提出した情報をもとに大使館が安否確認をします。そしてフィリピンに住む家族・日本に住む家族に、安否確認の情報を素早く伝えてもらえます。逆に、留守宅にいる家族が事故や災害などで「なにかあったのでは」と心配になり、安否の問い合わせをしたとき、大使館は速やかに確認ができます。

安全対策情報やメールマガジンが届く
外務省から治安情勢を踏まえた注意喚起が発出されたり、テロが発生したなどの情報をメールで知らせてもらえます。例えば、注意喚起が出た場所に旅行に行こうと考えていた時には旅行を延期・中止するなどの措置がとれますよね。また、大使館や領事館の急患情報などをお知らせするメールマガジンも定期的に届きます。

領事窓口サービスを受けるときに便利
在外選挙人登録など、領事館窓口サービスを受ける際、提出した在留届の情報が利用されています。

 

在留届の提出方法

提出方法はとっても簡単! 「外務省ORR net(Overseas Residential Registration)」から登録手続きを行います。左のメニューボタン「在留届を提出する方」をクリックします。ここで必要な情報は・・・

◆必要な情報
●日本国旅券(パスポート)番号(同居家族分も含む)
●本籍地
●自宅等連絡先(住所・郵便番号、電話・携帯・FAX番号、メールアドレス)
●緊急連絡先(住所、電話・FAX番号・メールアドレス)
●日本国内連絡先(住所、電話番号)
●同居家族連絡先(携帯番号、メールアドレス)

この情報を準備したら、画面下の「同意する」ボタンをクリック。次の場面で「準備完了」をクリックします。ここから、あなたが住む地域から一番近い領事館を特定します。「都市名から選択」、もしくは「地図から選択」をクリックし、「アジア地域」からフィリピンを選択し、画面下の「次へ」をクリックします。

ヴィサヤ地域」、「フィリピン全域」、「ミンダナオ島地域」からあなたの住んでいる地域を選択します。私の場合はメトロマニラに住んでいるので、「フィリピン全域」をクリックします。すると、最寄りの大使館または領事館の名前が次の場面で表示されます。問題なければ「提出先確定」をクリックします。

次の画面は、いよいよあなたの情報を入力する画面です。氏名、生年月日、日本国旅券(パスポート)番号を入力します。完了したら、「送信」をクリックしましょう。

次の画面に行くと、さらに詳細に情報を入力する画面に映ります。滞在先住所や本籍地、緊急連絡先などを入力するので、できる限り全部埋めましょう。パスワードも入力するので、忘れないよう大切に保管してくださいね。入力が完了したら、画面下の「送信」をクリックします。次の画面で「あなたの届け出を借り受付ました」というメッセージが表れたらOKです! 少しすると「ORRネットからのお知らせ」というメールが届きます。どうですか? すごく簡単ですよね!!



 

帰国や転居の際も届け出が必要

もし提出した情報が変更となったり、帰国することになった場合も、忘れずに大使館にお知らせしましょう。こちらも在留届と同じように「外務省ORR net(Overseas Residential Registration)」から登録手続きを行います。
左のメニューから「変更届・帰国届を提出する方」をクリックすると、あなたのパスポート番号とパスワードを入力する画面に移ります。入力したら「送信」を押します。すると「変更届はこちらから」と「帰国届はこちらから」というボタンが現れるので、どちらかを選択します。あとは画面の指示に従って、変更内容を入力するだけです!

 

たびレジに登録しよう!

外務省が提供するサービスで、いざとういう時、在外公館などから緊急時情報提供を受けられる「海外旅行登録システム」です。フィリピンに住んでいて、3か月未満の旅行や出張などの際、安全に関する情報を随時受け取ることができます。公式ウェブサイトたびレジの「カンタン新規登録」から登録できます。

例えば、こんな時にはたびレジに登録しておくと便利です!

・2週間、家族で海外旅行
・1か月の海外出張
・修学旅行で1週間海外へ行く

たびレジのウェブサイト


いかがでしたか?
すでにフィリピンに住んでいるけれど、まだ在留届を提出していない人、またはこれから渡航する人は、きちんと在留届を提出しておきましょうね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA