フィリピンに来たら挑戦したいジープニー! 安全・上手な乗り方をご紹介

フィリピンに来たら挑戦したいジープニー! 安全・上手な乗り方をご紹介

フィリピンに来たら挑戦したいジープニー! 安全・上手な乗り方をご紹介
Pocket

フィリピンのJeepney(ジープニー)という乗り物をご存知ですか?

乗ってみたいけれど、乗り方が分からない、安全面で心配、という人は多いのでは?

わたしはジープニーを日々頻繁に利用します。しかしやはり、フィリピンに住む日本人はあまり利用しないよう。代わりにタクシーやUberを利用します。安全面で心配なのだと思います。

でも、ジープニーは乗りこなせばとっても便利で簡単!しかも安い!スリに遭う危険がないわけではないので、カバンを必ず前に持つなど注意が必要ですけどね。

今回は、そんなジープニーの乗り方をご紹介します!




ジープニーとはどんな乗り物?

ジープニーとは、フィリピンの公共の乗合タクシーです。

もともとは、第二次世界大戦時、 にアメリカ駐在のアメリカ軍が使用していたJeep(ジープ)という貨物自動車。

戦後、フィリピンに残されたジープを現地のフィリピン人が改造し、公共の乗り合いタクシーとして利用され始めました。

現在でも、フィリピン全土で利用されています。人々の生活になくてはならないものです。

エンジンなどパーツは主に日本製の部品へ取り替えられています。

車体はカラフルな色に塗装され、カーアクセサリーが取り付けられています。オーナーによってデザインはさまざま。同じジープニーはひとつもありません。




ルート(行先・経由地)

それぞれのジープニーは、決められたルートを往復しています。バスでは行けないような細い道も走っているので、利便性は抜群。

車体に出発地、経由地、目的地が記載されているので、車体を見てどのジープニーに乗るかを判断します。

走行中でも好きな場所で降ろしてもらえます。

 

出発・到着時刻

ジープニーは時刻表がありません。

20人ほど乗れるスペースに、30人程乗り込んだら出発します。

あふれるほどの乗客を乗せるので車内はぎゅうぎゅう詰め。

5分から10分毎に出発しています。

 

乗車料金

料金はマニラ首都圏で8ペソ。日本円では約20円ほどです。

50ペソや100ペソを渡すと、運転手から「お釣りがない」と断られることがあります。

紙幣なら20ペソ、できればコインを用意しましょう。

 

ジープニーの乗り方

(出典:Wikimedia

ジープニー乗り場から乗ることができます。

ジープ乗り場は、マニラ首都圏では標識が立っていることが多いのですが、ほとんどの場合は標識がありません。

分からない場合は現地の人に尋ねると良いでしょう。

乗る際は、車体の後ろから乗り込みます。

運転手はなるべく多くの人を乗せて運行したいので、奥に詰めて座りましょう。

他の人の迷惑になるので、荷物は必ず席に置かず、体の前でもってくださいね。空いていれば助手席に座ることもできます。

席に座ったら、次は運賃を運転手に払います。

運転手から席が離れている場合、“Bayat po”(バヤットポ)と言って近くの人にお金を渡ふと、運転手までリレー式でお金を運んでくれます。

お釣りがある場合はその逆です。1人で乗る場合は「1人分です」と言う意味の“Isa ran” (イサラン)と言うと親切です。

さて、最後は降り方です。

ジープニーは好きなところで降ろしてもらえるので、おりたい場所で“Para po”(パラポ)と大きな声で運転手に言います。

もしくは、天井を叩いて知らせてもOK。停車したら、後ろから降ります。

 

ジープニーに乗る時の注意点

(出典:Wikimedia

 

ジープニーはとても便利で安いのですが、注意しなければいけないこともあります。

 

スリにご用心!

ジープニーの車内は、隣の人に密着して座らなければいけません。だからスリに合いやすい状態となります。

フィリピン人でもよくスリにあったという話を聞くので、日本人なら「お金を持っている」というイメージから、さらに狙われやすいと言えます

カバンは体から離さず、しっかりと体の前に持つようにしましょう。

ジップで閉められるカバンを持ちましょう。服装は目立つものよりシンプルなTシャツとジーパンのようなカジュアルな服を身につけるようにしましょう。

 

乗り間違い

フィリピン初心者だと、乗りこなすのは難しいかもしれません。

理由は、き先やルートが把握しにくく、土地勘がないと正確な目的地で降りることが難しいからです

実際、わたしは何度も乗り間違え、目的地で降りられなかったことがありました。

また、ジープニーの運転手は英語が話せない人がほとんど。

行き先がわからず運転手に尋ねても、会話ができないことがあります。

初めてジープニーに挑戦するときは、知り合いに付き添ってもらうことをオススメします。

1人で乗る際は、ルートと目的地を正確に把握してからにしましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA