フィリピンライフブログ

マニラでカフェ巡り♪フィガロ(FIGARO)でおいしいランチ&コーヒー

マニラでカフェ巡り♪フィガロ(FIGARO)でおいしいランチ&コーヒー

マニラでカフェ巡り♪フィガロ(FIGARO)でおいしいランチ&コーヒー
Pocket

みなさんこんにちは。

今回もマニラの素敵なカフェをご紹介します。

フィガロ(FIGARO)というフィリピン発祥のカフェです!




 

ヨーロッパの雰囲気漂うカフェ フィガロ

Photo from http://figarocoffee.com

 

今回、おいしいコーヒーが飲みたいよね~ということで訪れたのは、ボニファシオ・グローバルシティ(Bonifacio Global City)のハイストリート店(High Street)です。室内の席とテラス席を合わせて、10テーブルほどしかないこじんまりとした店舗です。

店内は少し狭め。丸テーブルが5つ置かれていました。お昼の12時ちょうどに入りましたが、外は雨が降っていたのでお客さんは少なかったです。スタッフはひまなので、おしゃべりに夢中。

 

メニューはフィリピン料理とイタリア料理

フィガロのメニューには、主にフィリピン料理とイタリア料理がありました。

フィリピン料理は、例えば...

・アドボフレーク カレカレ(Adobo Flakes Kare-Kare):カレカレ(ピーナッツ風味のスープ)とアドボは代表的なフィリピン料理。
・バングス・ベリー(Marinated Bangus Belly):バングス(フィリピンで採れる代表的な魚)を使った魚料理。
・ポークロンガニサ(Pork Longganisa):フィリピンのソーセージ、ライス、卵がのったプレート。

イタリア料理のメニューは、パスタ、ピザ、サラダなど、オーソドックスなものでした。例えば...

・イタリアンミートボール ボロネーゼ(Italian Meatball Bolognese)
・5種のチーズとガーリックのピザ(Five Cheese & Garlic)
・チキンシーザーサラダ(Chicken Caesar Salad)

カフェのメニューは、ブリュードコーヒーはもちろん、エスプレッソベースのドリンク、抹茶、チョコレートドリンク、フルーツジュースなどもありました。おしゃれなメニューが多く、女性に人気がありそうだな~という感じ。例えば...

・カプチーノ(Cappuccino)
・バナナキャラメルブラスト(Banana Caramel Blast)
・フォレストブルーベリー(Forest Blueberry)
・ホットチョコレート(Hot Chocolate)
・抹茶グリーンティーラテ(Matcha Green Tea Latte)

わたしはフレンチマッシュルームオムレツ(French Mushroom Omellete)を注文。卵の中にシイタケとチーズがたっぷりと入っていて、ボリュームたっぷり。バケットとサラダ付きで、さらに8オンスのブリュードコーヒー(ブラックコーヒー)が付いてきました。

これだけついて、225ペソ(約495円)でした。お得です! お料理メニューの料金は、どれも100ペソから300ペソなのに、ボリュームがあって満足感はそれなりにあると思います!

食事のあとは、食事に付いてきたコーヒーだけでは足らず、追加でカフェラテ(ホット)を注文。こんなにかわいいクマさんを描いてくれました!カフェラテはRサイズで114ペソ。このお値段はスターバックスの130ペソ(Tallサイズ)と比べると割安です。

 

フィガロの歴史の始まりは1993年マニラ

フィガロの始まりは1993年、マニラでした。

「友人や街のビジネスパーソンが、おいしいコーヒーを片手に、くつろぎ楽しめるカフェをつくりたい」という夢を持つコーヒー愛好家たちによって創られました。

フィガロのデビューは1993年11月、メトロマニラのビジネスの中心地、マカティ(Makati)にある商業施設Gloriettaモールです。このフィガロ第一店舗目は、キオスク(kiosk: 小さな売店)で、従業員はたったの2人。新鮮なコーヒー豆とフレーバーコーヒー豆、コーヒーと紅茶を淹れる道具が販売されていました。フレーバーコーヒー豆の販売を始めたのは、国内でフィガロが初めてなのだそう。




フィガロのビジネスが始まったころ、まだフィリピンのコーヒーマーケットは成熟しておらず、人々の反応は疑い深いものだったそうです。しかしすぐに、常連客を獲得していき、ヨーロッパをコンセプトにした洗練されたお店の雰囲気が徐々に受け入れられていきました。

それからというもの、フィガロはフランチャイズビジネスシステムを導入し、メトロマニラを中心にどんどんと店舗数を増やしていきました。現在、国内だけでなく世界にも店舗を広げ、合計90店舗を運営しています。

ローカルビジネスを応援しているフィガロは、フィリピンの小さな農家が栽培する「バラココーヒー」を店内で販売しています。

 


いかがでしたか?
フィリピンのマニラに訪れた際は、ぜひフィガロのおいしいコーヒーを試してみてくださいね!

 

◆フィガロ(FIGARO) High Street店
住所:Quadrant 5 space #1E108 City Center Bonifacio Global City
電話番号:(02) 8561507

◆フィガロ(FIGARO)
公式ホームページ:http://figarocoffee.com/
Facebook:Figaro Coffee Company https://www.facebook.com/figarocoffeecompany
Instagram:figarocoffee https://www.instagram.com/figarocoffee/





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA