フィリピン人から英語を学ぶ! その特徴とメリットをご紹介

フィリピン人から英語を学ぶ! その特徴とメリットをご紹介

フィリピン人から英語を学ぶ! その特徴とメリットをご紹介
Pocket

「フィリピン英語留学」や「フィリピン人講師によるスカイプ英語クラス」といったように、ここ数年でフィリピン人から英語を学ぶと言うことが人気になってきました。

フィリピンは公用語が英語で世界で3番目に英語を話す人が多いと言われています。フィリピン人が教えるオンライン英会話は、低コストなのにネイティブ並みに英語が話せるところが人気のようです。




現在、フィリピン現地企業で働き、フィリピン人と常に向き合う私にとって、このことは嬉しいことですし、もっと多くの人にフィリピンのことを知ってほしいと感じています。

私がフィリピンと関わるきっかけとなったのはフィリピン人英語講師でした。今回は私が大変お世話になった2人のフィリピン人英語講師についてお話ししたいと思います。

大学時代に出会ったフィリピン人講師 マリレン先生

私が大学2年生の時、「海外の大学で勉強したい」という目標がありました。大学の派遣留学制度を利用して1年間の留学をしたいと思っていたものの、当時の英語能力はTOEIC600点ほど。英語学校に通うにはかなりお金がかかるため、どのように英語能力を高めようか真剣に悩んでいました。

その時に見つけたのが、英語講師を見つけられるウェブサイトです。ウェブサイトに掲載されている英語講師の中から、気に入った外国人講師を選び、自身で講師に連絡を取ります。講師と連絡が取れたら、お互いの都合の良い場所で授業を行います。いわゆる「カフェで英会話」というものです。授業料は講師によって違いますが、だいたい1時間2,000円~5,000円ほどで、英会話スクールに通うよりも低コストでした。

ウェブサイトにはアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドといった英語圏出身の講師はもちろん、フィリピン、インド、インドネシア、マレーシアなど英語を母国語としない国の講師もたくさんいました。その中で選んだのがフィリピン人講師のマリレン先生です。授業料は1時間2,000円とリーズナブルで、優しそうな写真が魅力的でした。連絡を取り合い、授業はマリレン先生の自宅で実施することになり、人目を気にせず集中できるところもポイントでした。



フィリピン人ならではの授業

実際に授業を受けてみた感想は、①「英語圏の講師と変わらず英語ができる」、②「面倒見がよく、とても熱心に教えてくれる」、③「優しい性格」でした。

①英語圏の講師と変わらず英語ができる

私は英語が上手ではなかったため、マリレン先生がネイティブ並みに英語ができるかどうか、正直当時は分かりませんでした。しかし「ビギナー」にとっては完璧な英語でした。マリレン先生はフィリピンのマニラにある有名大学「サントトマス大学(University of Santo Tomas)」出身なので当たり前なのですが。

②面倒見がよく、とても熱心に教えてくれる

マリレン先生も私と同じように、英語の習得にとても苦労したと話してくれたことがあります。フィリピンでは、小学校から英語教育が始まり、国語、歴史以外の授業はすべて英語で行われます。全く英語ができないところから始まるので、ネイティブスピーカーと違い、第二言語として英語を学ぶ人の気持ちが理解できるのです。そのため、私がうまく理解できないときは、時間をかけて丁寧に説明をしてくれました。特に私の「日本語発音」を直そうとしてくれていて、何度も何度も”sh”、”th”、”t”、”r”の発音を一緒に練習してくれました。

③優しい性格

これはほとんどのフィリピン人に当てはまるのではないでしょうか。授業だけではなく、忙しい生活を送る私の健康や食生活を心配してくれていました。私にとって「お姉さん」のようでした。私の悩みまで熱心に聞いてくれて、嬉しかったことは一緒に喜んでくれました。

マリレン先生と授業を始める前は、ニュージーランド人講師とアメリカ人講師ともカフェで英会話をしていました。どちらも3か月ほど続き、楽しい時間を過ごしましたが、現在でも関係が続いているのはフィリピン人のマリレン先生だけです。

社会人のための<格安>語学留学【寮・食事付き】
172,000円/1ヶ月 の完全マンツーマン留学
フィリピン政府公式認定語学学校【NILS】

フィリピン大学留学を果たす!

マリレンとの授業が1年ほど続いたところで、大学の派遣留学プログラムの申込みが始まりました。私が選んだのは「フィリピン大学ディリマン校(University of the Phulippines Diliman)」です。国立大学で、フィリピンでトップクラスの大学です。エリートが集まる私立大学とは違い、地方出身の生徒が多いとうことで、真のフィリピンを知ることができると考え、フィリピン大学を選びました。

もちろん、決意をする前はマリレン先生に相談をしました。アメリカやオーストラリアといったメジャーな国にも興味がありましたが、マリレン先生に影響を受け、フィリピンを選びました。実は具体的に「フィリピンでこれがしたい!」というものはなかったのですが、なぜかもっとフィリピンについて知りたいと思ったのです。

問題の派遣留学選考は、問題なく合格。これもマリレン先生のおかげです。選考にはTOEFLの点数と志望動機(英語と日本語)を提出する必要がありました。TOEFLテストは自力で勉強し何とか上限をぎりぎり突破。志望動機はマリレン先生に手伝ってもらい、フィリピン大学で何ができるのか、何を学びたいのかなどを書きました。

「これからフィリピンと日本の関係はもっと深いものになる。2つの国の懸け橋になりたい」といったようなことを書いたと思います。その当時は必死に志望理由を考え書いていたのですが、現在ではフィリピンで働きながら、2つの国の懸け橋になれつつあるのかな、と思います。

実際に1年間留学をして思うことは、「フィリピンでよかった」ということ。その証拠に、留学を終えて3年でフィリピンに戻り、フィリピンの会社で働いています。マリレン先生との出会いは本当に大きな出来事でした。

 


 

いかがでしたか?

フィリピン人から英語を学ぶ特徴とメリットをお話しました。ぜひ、参考にしてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA